<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

大学受験の勉強法

皆さんが中学生、高校生であれば当然受験勉強のほかに
たくさんしたいことがあるのが当然でしょう。

友人との交遊、恋愛、クラブ、その他の趣味・・・
数え上げればキリがありませんよねぇ・・

あなたがどうゆうことをしたいにせよ、
それはしっかりやるべきだと私は思います。

(そこまでしたいことなんて別になくって
のんびりしてたいってのもまぁ悪くないでしょう。)

そういったことを打ち切って受験勉強のみに専念するのが「正」、
したいことを捨てきれずに受験勉強が思うように進まないのが
「悪」みたいな価値観にはものすごく疑問を感じますね・・・

とても狭い価値観だと思いますよ。

やっぱこの歳でしかできないこと、というかこの歳でしか
感じれないことを感じるということがものすごく大事だと思います。

だけどそれだからって受験が「悪」だとは言ってませんよ。

続きを読む

記憶する視覚的イメージ創りの4つのコツ

●視覚的イメージ創りの4つのコツ

 (1) 不均衡
    本物より巨大にイメージする。

 (2) 誇張
    本物よりたくさん(無数の)イメージする。

 (3) 置き換え
    無意味な物でも意味のある(イメージできる)物へ置き換える。

 (4) 動作・動き
    激突、飛んでいる、ぶら下がっているような動きのイメージをつける。

「グランドピアノの上に歯磨き粉が乗っている」 
より
「ブランドピアノが歯磨き粉を潰して中身が飛び出している」
の方が、
より鮮明でインパクトのあるイメージになって覚えやすく、
忘れにくくなります。

復習することこそ、あらゆる勉強の基本

いわゆる勉強で予習が大事ということが言われますが
こと記憶に関していえば?!

復習することこそ、あらゆる勉強の基本である
といっても過言ではありません。

ある学習塾なんかは、そこの塾生に対して
「予習はしないで!その分、授業を真剣に聞いて
自宅で復習するようにね。」

と教育するそうです。

つまり塾生に予習をさせると、やる気をなくしてしまうから
というのが要因のようです。

確かに中にはやる気のある塾生もいて、彼らは頑張って
予習をしようとしますが、それも30分と持たないうちに
意気消沈することが多々あります。

それよりかは、授業で習ったことをもう一度自宅で
復習したほうがより前向きに取り組めるようなのです。

すぐにマスターできる記憶方法は。。。

「あなたは”記憶力”に頼った勉強をしていませんか?」

突然ですが、あなたが小学生だった時を思い出してみてください。

おそらく、歌手の名前やマンガや本の内容、
はもちろんのこと、

その日起こった出来事などを、
今よりも、ハッキリと思い出すことが
出来たのではないでしょうか。

その理由は簡単で、小学生ぐらいの時は
“記憶力”がバツグンにいいからです。

しかし、残念ながら、私たちの脳は17歳ぐらいをピークに、
徐々に記憶する“力”が低下していくと言われています。

そのため、その頃と同じ方法で一生懸命覚えようとしても、
やはり限界があります。

ハッキリ言ってしまえば、世の中に出回っている
“記憶力”に頼った学習法で勉強している限り、
どれだけがんばって、必至で覚えようとしても
記憶できないのは当たり前なんです。。

しかし、 記憶をするためには、
実は記憶力そのものは必要ないんです。

どうしてかと言うと、記憶をするためには、
記憶力そのものではなく記憶をするための
”方法”が最も重要だからです。

この手紙では、
「入学試験」を例に挙げると・・・
  ・東大、早稲田、京大などのいわゆる5大難関大学を目指して、
   次々と結果を出す人が続出して話題になりました。
  ・高校生時代に、「お前は絶対に大学なんて無理だからあきらめろ!」と
   先生にいわれた生徒さんが、その方法をマスターし地元の大学に見事
   合格していきました。

「資格試験」を例に挙げると・・・
 ・実は、現在、弁護士・税理士・行政書士として活躍されている方の中には、
   その方法をマスターした人が少なからずいます。
 ・最近では、「手に職をつけたい」という思いで、仕事しながらこの方法
  をモノにしていき通信講座で見事、資格を取得した方がいました。

スペースの関係上、全てを掲載することはできませんが、
記憶力に頼らない記憶をするための方法を学ぶことで
信じられない結果を手に入れることができるのです。

あなたの今の偏差値や頭の良し悪しに関係なく
誰でもマスターすれば記憶の天才になることができる
記憶の方法をあなたは知りたくありませんか?

もし、知りたいのならば今すぐここでその答えを手に入れてください。

記憶はイメージで持つことが大事

@記憶はイメージで持つことが大事。

特に効果的なのは既に知っている物と
覚えるべき物をイメージで結合してしまえばいいのです。

そして、このイメージは出来るだけ非現実的なイメージで
結合すると効果が高いです。

例えば,
「既に知っている物」が
「スペースシャトル」だとして
「覚えたい物」が「桜の木」ならば
頭の中に視覚イメージを非現実的な場面に造りだします。

イメージしてみて下さい。

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。