頭が良くなる方法!頭に良い食事や食べ物も
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

脳を健康にする食事、食べ物とは?

記憶を司っているのは、「脳」です。

だから、脳の健康状態は記憶に非常に影響してきます。
脳を健康にすることは、
体と同じで規則正しい生活を送ることですが、
特に注意したいのが、「食事」と「睡眠」についてです。

脳は体の中で一番エネルギーを消費する臓器です。
しかも、脳のエネルギー源は「ブドウ糖」だけです。

それだけです。
他にエネルギーになるものはありません。

脂肪やたんぱく質は脳のエネルギーにはなりません。

とはいえ、ブドウ糖はご飯やパン、チョコレートなど
ほとんどの食品に入っていますから
意識してブドウ糖ばかり摂取する必要はないです。

しかし、ブドウ糖は体内に長時間蓄積することができないので、
定期的にブドウ糖を体内に入れる必要があります。

例えば朝食を抜けば、その日の脳は
ほとんど働いてくれませんよ。

ガソリンが入ってないのに車を走らせよう
とするようなものです。

すぐにエンストです。

ですから、朝食は必ずとりましょう。

これ、重要です。
ある調査でも、朝ごはんを食べない人のほうが
知能指数が低い傾向があるといわれています。

もし、あなたが食べていないのなら
必ず食べるようにしてください。
ブドウ糖にすく成りやすい「ごはん」
がおすすめです。

茶碗一杯でいいので、食べてみてください。
必ず効果を実感できます。

また、脳は睡眠中に
その日仕入れた情報を記憶したり、整理したり、
ネットワークを形成したりしています。

きちんとした睡眠をとっていなければ
せっかく覚えたことも、
脳が不要だと判断してすっかり簡単に忘却してしまうのです。

記憶と睡眠は非常に重要な関係があるのです。
ですから、睡眠時間を削って勉強するということは
一見頑張っているように感じますが、
その努力はあまり報われないということです。

効率の良い勉強をするためにも、
十分な睡眠をとり、規則正しい生活を送りましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。