頭が良くなる方法!頭に良い食事や食べ物も
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

頭が良くなる究極の食べ物

頭を良くする、頭が良くなるのに効果の
ある物質として「セロトニン」があります。

聞いたことがありますか?

セロトニンは神経伝達物質のひとつで
大脳を覚醒させ、集中力を高めてくれます。

そんでもって、学習能力や
記憶能力がアップするということです。

では、どんな食事や食べ物におおく
ふくまれているのでしょうか?

それは、
セロトニンの原料である
「トリプトファン」(必須アミノ酸の一つ)
の多く含まれる食品です。

ばばーん。

その前にトリプトファンについて少しばかり
説明しておきましょう。

食物として体内に取り込まれたトリプトファンは
まず脳内に運ばれてビタミンB6・ナイアシン
・マグネシウムとともにセロトニンを合成してくれます。

やったー、これで頭が良くなるんだー!

などと、あわてないで最後まで読んでくださいよ。

トリプトファンを多く含むものは

ずばり、

大豆・納豆・豆腐・みそ・しょうゆ
などの大豆加工食品


あと、
・ゴマ・鰹節・ピーナッツ・しらす
・わかめ・牛乳・ヨーグルト・チーズ
・アボガド・バナナ


でもこれならほとんどの人が
毎日口にしている食べ物ですね。

たくさん食べましょう。
食べ過ぎましょう。

さらに、セロトニンの合成を助ける
ビタミンB6を含む食品も同時に取ると良いですね。

秋刀魚・イワシ・カツオ・サバ・タイ
・ニシン・マグロなどの魚。

ブタのモモ肉、牛レバー・大豆・小麦発芽
・玄米・ニンニク・唐辛子・しょうが・バナナ。


そして、脳のエネルギー源であるブドウ糖は
必須です。

脳のガソリンは、ブドウ糖オンリーです。

ブドウ糖を取るには、
果糖・砂糖・ハチミツ・デンプンなど
が代表的な糖分です。

これが頭を良くする、記憶力をアップする
食べ物です。

次回は、セロトニンを爆発的に増加させる
「セロトニントレーニング」
を紹介しますのでご期待くださいね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。