頭が良くなる方法!頭に良い食事や食べ物も
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

演劇などのセリフの覚え方

演劇などで役が与えられたときに最初にやるべきこと
はナリオ全体を読み通すことである。

劇の内容を知ることで、自分が演じる人物の立場がわ
かり、自分に割り当てられたセリフが覚えやすくなる。

3回、全体を読み通す。

4回目は、シナリオの中で納得できない箇所を探す。

登場人物ならそういう行動はとらないはずだという気持
ちでもいい。それを監督に聞いて、わからないことは残
らないようにする。

そして、個々のセリフを覚えていく。

大抵のセリフは、相手が何かを言ったことに対しての
反応なので、全体の流れを知っていると、自分のセリフ
も覚えやすくなる。

これは、長いスピーチにも応用できる。

大勢の前で原稿なしに話すときには、一度、文章をつ
くってみて、全体を読み通す。

それを3回繰り返す。

自分で書いて、内容がしっくりこなかったり、意味を
よく知らないというところがあれば、辞書で調べたり、
知人に聞き、全部自分のものとする。

もちろん丸暗記はいけない。

気持ちが話に込めることができなくなるおそれがある
からだ。

文章を作って読み通すのは内容を自分のものにするた
めの手段と心得てほしい。

長いスピーチは、骨格となる部分をしっかり固め、部
分と部分をしっかり繋げていけば、一から通しで覚えよ
うとするより効率的に記憶することができる。

参考図書
『世界一わかりやすい、脳を鍛えて記憶力を強くする方法』

記憶力を身につけることで、毎日を昨日の延長ではな
く、新しい一日として、新鮮な気分で迎えることができ
るようになります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。