頭が良くなる方法!頭に良い食事や食べ物も
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

大学受験の勉強法

皆さんが中学生、高校生であれば当然受験勉強のほかに
たくさんしたいことがあるのが当然でしょう。

友人との交遊、恋愛、クラブ、その他の趣味・・・
数え上げればキリがありませんよねぇ・・

あなたがどうゆうことをしたいにせよ、
それはしっかりやるべきだと私は思います。

(そこまでしたいことなんて別になくって
のんびりしてたいってのもまぁ悪くないでしょう。)

そういったことを打ち切って受験勉強のみに専念するのが「正」、
したいことを捨てきれずに受験勉強が思うように進まないのが
「悪」みたいな価値観にはものすごく疑問を感じますね・・・

とても狭い価値観だと思いますよ。

やっぱこの歳でしかできないこと、というかこの歳でしか
感じれないことを感じるということがものすごく大事だと思います。

だけどそれだからって受験が「悪」だとは言ってませんよ。

覚えたことは3日以内にどんなに少なくても
1回、できれば3回以上復習してほしいです
そのために、必ず何をいつ勉強したがわかるような形跡を残してください。

(私は全科目勉強したことを語呂合わせから数学の計算式まですべて、
同じノートに書き記していました。だいたい
1週間に1冊ペースで使ってましたね。)

おもにそれを見て復習するといいです。

覚えたことは最低1ヶ月間は何度も復習してほしいです。

例えば4月1日に勉強したことは最低でも
5月1日までは何回も何回も復習をしましょう。

1ヶ月間継続して覚えておけたことというのはそう
簡単には忘れないでしょう。当然その後も定期的に復習してくださいね。


暗記科目、暗記事項については
勉強時間の70%を復習に費やしましょう。

地歴や英単語などの比較的単純な暗記事項などは
最も忘れやすい部類に入ります。

前日の復習、前々日の復習、1週間前の復習など
徹底的に復習をして勉強時間の70%ほどを復習に
使ってしまってもかまいません。

確かに一見、勉強の進行速度は遅くなるように見えますが、
長い目で見た場合は、こちらのほうが断然効率のよい
勉強法だということがはっきり言えます。

とにかく勉強に対する自分のモチベーションを
上げていく工夫をしてください。

いきたい大学を無理やりでもつくるとか、
もうなんでもいいんでがんばる理由を持つことが大事です・・・


3日以上連続で本気で勉強に取り組んでください。
3日坊主って言葉がありますけど、
ところで人間の非常に強い感情
(絶対がんばろうという強い気持ち、あるいは宝くじが
当たって大喜びとか、失恋して大ショックみたいなものも含めて。)
っていうのは2日しかもたないといわれています。

宝くじが当たっても2日たてば少し冷静になり、
失恋してショックを受けても2日立てば少し落ちつくみたいですね。

んで、がんばって勉強しようという気持ちを強くもって
いてもも2日もたてば少し冷めてくると思うので、
なんとかがんばって3日以上継続できるようにがんばりましょう。

そういう意味の「3日」です。

その後も必ず毎日勉強をしてほしいと思います。

下の勉強法もおすすめです。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。