<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

復習することこそ、あらゆる勉強の基本

いわゆる勉強で予習が大事ということが言われますが
こと記憶に関していえば?!

復習することこそ、あらゆる勉強の基本である
といっても過言ではありません。

ある学習塾なんかは、そこの塾生に対して
「予習はしないで!その分、授業を真剣に聞いて
自宅で復習するようにね。」

と教育するそうです。

つまり塾生に予習をさせると、やる気をなくしてしまうから
というのが要因のようです。

確かに中にはやる気のある塾生もいて、彼らは頑張って
予習をしようとしますが、それも30分と持たないうちに
意気消沈することが多々あります。

それよりかは、授業で習ったことをもう一度自宅で
復習したほうがより前向きに取り組めるようなのです。

記憶はイメージで持つことが大事

@記憶はイメージで持つことが大事。

特に効果的なのは既に知っている物と
覚えるべき物をイメージで結合してしまえばいいのです。

そして、このイメージは出来るだけ非現実的なイメージで
結合すると効果が高いです。

例えば,
「既に知っている物」が
「スペースシャトル」だとして
「覚えたい物」が「桜の木」ならば
頭の中に視覚イメージを非現実的な場面に造りだします。

イメージしてみて下さい。

続きを読む

記憶の効率化

ちょっとした記憶のコツさえ分かればすぐ使えます。
これを読んで試しに単語記憶に挑戦してみて下さい。

飛躍的に点数は伸びるはずです。
応用すれば日常生活、勉強にも絶大な効果があります。

・記憶の効率化
記憶の効率に大きく作用する7つのポイント
 (1)有意味化
全くイメージできない物でも自分の中でよく知っている物に変換してしまう。
 (2)組織化
沢山覚えるときには覚えるべき物の特徴から組織化してしまう。
図書館の本棚が分野別になっているようなイメージ。
 (3)連想
それぞれの物をイメージで結びつける。
1つを思い出せればそれに連鎖して多くのものを思い出す。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。